企画会議コラム

斎藤茂 (OTTAVA)
斎藤茂 (OTTAVA) プロフィール

第16回 「チケット完売御礼!ツアー企画お待ちしています」

「minnadetsukuru.com(ミンナデツクル・ドット・コム)」を訪れてくださったTBSラジオ、TBC東北放送,そしてOTTAVAのリスナーの皆様、こんにちは。「みんなでつくる復興コンサート2018」特設サイトにようこそ!

「みんなでつくる復興コンサート」は、東日本大震災発生直後から被災地の各地で“復興コンサート”という慰問演奏会を精力的に行い、音楽の力で被災者に寄り添い、励まし、心の復興を目指す、東北被災地唯一のプロフェッショナル・オーケストラ、仙台フィルハーモニー管弦楽団にエールを送ろう、という演奏会です。
2012年3月に第1回を開催、その後毎年同じ3月に回を重ねてきました。そして、全国のたくさんの音楽ファンの皆さまのご声援によって、7回目の開催が決定しました。

タイトル:「つながる心、つながる力 みんなでつくる復興コンサート2018
                           supported by KDDI」
開催日:2018年3月10日(土)
会場:仙台市 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
出演:仙台フィルハーモニー管弦楽団
指揮:田中祐子
ゲスト:井上芳雄(俳優)

プログラム(一部)
  「風のオリヴァストロ」(歌:井上芳雄 作詞:安田祐子 作曲:宮川彬良)
  「わせねでや」 (歌:井上芳雄 他 桂島“うた”プロジェクト)
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

おかげさまで、ここまで決まりました。

11月11日(土)チケットが一般発売となり、その週末のうちに完売となりました。
本当に有難うございます。
週末2日間での完売は、7回めにして初めてのことです。
感謝いたします。

一方、週末時間がなく、チケットを購入できなかった、という方も少なからずいらっしゃったと伺いました。
本当に申し訳ありません。

もし、よろしければ、現在当コラムの「議題」になっているツアーへのご参加をご検討いただけませんでしょうか?

質問なんですが、一般発売のチケットが予定枚数終了になっていますが
ツアーにはチケットが付いているのですか?
                              (じぇじぇじぇさん)

じぇじぇじぇさん、現在企画募集中の“OTTAVA×JTBライヴデスク 仙台1泊2日の旅”ツアーには、「みんなでつくる復興コンサート2018」のチケットがお一人につき一枚、ちゃんと含まれています。
もちろん枚数に限りはありますので、万が一参加希望者が募集人数を上回ってしまったら、抽選ということになってしまうかもしれませんが、これはコンサート同様、発売してみないと分からないので、今は何も申し上げられません。
毎週金曜日に更新させていただいている当コラムが、一番新しい情報をお伝えしているので、ぜひ引き続き、チェックをお願いいたします。

さぁ、そのツアーです。
2回目の「みんなでつくる復興コンサート2013」から、このコンサートにご参加いただく方を対象として、国内外の音楽ツアーのトップブランド、JTBロイヤルロード銀座ライブデスクさんとのコラボレーションで1泊2日のパッケージツアーを企画し、毎回たくさんの方々にご参加いただいています。
例年ツアーにパックされているのは・・・

① 「みんなでつくる復興コンサート2018」チケット
② 東京⇔仙台 往復新幹線代(もちろん指定です)
③ 仙台市内のホテル一泊
④ 2日めの半日バスツアー代   など

となっています。今年はこれから企画をするのではありますが、大枠では変わらないと思います。

初日の土曜日はコンサートへの参加が中心となりますので、あまり他の予定は組めないのですが、2日めの日曜日は、チャーターバスにみんなで乗って、被災地を巡る半日の旅をご一緒して います。ちなみに過去5回のバスツアーでお邪魔したところは・・・

2013年 女川
2014年 南三陸
2015年 石巻
2016年 釜石
2017年 東松島

街の中を巡りながら、「語り部」の方に2011年3月11日のこと、そして復興のために、どう過ごされてきておられるか、などを伺っています。
そしてその土地土地の名産、名物をおなかいっぱいいただいて、お土産をたくさん買って、夕方の新幹線に乗って、東京に戻るのです。

今回の「2018」、このバスツアーを行うのは、3月11日。
地震発生から7回目の「祈りの日」当日なのです。

ですから今回は、是非とも皆さんのご意見を頂き、このツアー、特に3月11日をどう過ごしたいか?
教えていただきたいのです。

前回までに頂いていたご意見をおさらいしておきます。

海にさわりたい。海岸に立って、被災地を、被災者を自分の身に感じたい。追悼したい。

南三陸サンサン商店街の「キラキラ丼」?サンサン商店街は今年の3月、隈研吾設計の
本設商店街に移ったと聞いているので是非お邪魔したい

過去に訪れた女川町や南三陸町の変化を実感できればいい

今回は開催まで少し時間があるので、東京(大宮)以外にも大阪・京都等出発のコース
が出来るといいと思う。

復興商店街で食事をしたり、買物をしたい

せんだい3.11メモリアル交流館を見学してみたい

仙台うみの杜水族館 復興を象徴する水族館としての施設見学したい

では今週頂戴した、新しいご意見、アイディアをご紹介させていただきます。

☆ツアーで行きたい場所
数々の演奏者が この場所で演奏をされています。
「奇跡の一本松」のある場所に行きたいです。
                              (ドンぐり男さん)

陸前高田市 7万本あった松の中で1本だけ生き残った松、海岸とこの木の間にはユースホステルがあり、建物が壁になってくれたおかげで「奇跡」が起きた、とされているそうです。
現在「12メートル」の底上げ工事が進んでいるこの一帯。住宅の建築は区画整理事業の完成予定の2018年以降となっていることから、待ちきれない住人は他県に引っ越しをしたり、自主再建の道を選ぶことを選ぶ、など、現在も多くの課題が立ちはだかっているそうです。

以前、テレビで紹介されていた女川駅から海に向かってのびる遊歩道沿いにある「シーパルピア女川」(新しいテナント型商店街)に行ってみたいです。女川名物:さんまパン、ダンボルギーニ・・・などなど。女川駅の中には「女川温泉 ゆぽっぽ」もあります。遠いかな~。
いかがですか?
                              (がったんごっとんさん)

2015年12月にオープンした「シーパルピア女川」、3度目のクリスマスを前にライトアップが始まっているそうです。
仙台から女川は仙石線~石巻線を乗り継いで1時間30分強、決して行けない遠さではないと思います。

復興ツアーについて移動距離の短い近場のお勧めを!
 「震災遺構荒浜小学校」今年開設されました。4階建て校舎の1・2階が浸水。
屋上に上がれます。
 ゆりあげ港朝市と鎮魂の丘「日和山」、日曜日なので朝市に行けます。日和山の鎮魂碑と津波は同じ高さだったと。
「閖上さいかい市場」も少し離れてあります。この時期のおススメは閖上の赤貝!名取のせり! 
「瑞鳳殿」 一度は行きましょうよ!戦災後に再建された伊達政宗公の墓所です。街中のすぐそばなのに、空気感が違います。ちょっとした山登りです。
                              (kaze@3amさん)

実は過去5回のツアー、毎回日曜日は仙台を離れてきました。仙台市内、および近郊にみんなで旅をしたことは一度もないのです。荒浜、閖上、いずれはご一緒したいと、僕もずっと考えていました。

本日はここまで!本当にご参加有難うございます。

貴方はどこに「復興の息吹き」を感じに行きたいですか?是非教えてください。
ツアー全体を考えていただいても結構ですし、シンプルに行きたい所、会いたい人、食べたいモノなどを教えてくださるだけでも結構です(赤貝、せり・・・といった感じで)。
皆さんからいただくアイディアを少しでも多く反映させたツアーを、JTBライブデスクのスタッフの方と一緒に企画したいと思います。

「“OTTAVA×JTBライヴデスク 仙台1泊2日の旅”もみんなでつくろう!」
一生忘れられない旅を、ご一緒に作っていきませんか?

そしてこちらのテーマも引き続き受付け中です。
「田中祐子さん指揮、仙台フィルの演奏で聴きたい楽曲を、もっと教えてください。」
 メインプログラム(「展覧会の絵」に決定)以外の演奏曲、例えば 1曲目の序曲、前奏曲、短めの組曲などもっともっとアイディアを教えてください。

「ゲストの井上芳雄さんと仙台フィルの共演曲を、もっと教えてください」
「風のオリヴァストロ」「わせねでや」の2曲に加えて井上さんに歌っていただきたい曲、お寄せください。

このコラムの下にある「応募フォーム」をクリックして、ご参加ください。
募集項目のところをひとつ選んでクリック、今回は「楽曲」か「その他」を選んでください。
御名前か、ハンドルネームをご記入いただき、ご意見、アイディアを400字以内でお書きください。
そして、 送信する をクリックしていただければ、会議参加、完了です。

この応募フォームには、何度でも書き込めます。思いついたときに、その都度ご自由に、ご参加ください。400字を超えるときはお手数でも2度に分けてご投稿をお願いします。

頂いたエントリーは、来週の当コラムでご紹介させていただく予定です。

最後までお読みいただき有難うございました。どうぞ来週もお付き合いください。

コンサートまで、あと113日!

2017年11月17日
「みんなでつくる復興コンサート2018」プロデューサー
   OTTAVA 斎藤 茂

応募フォーム

このコンサートは、みなさんからアイディアを頂き、それを元につくっていくコンサートです。
下の募集フォームボタンよりフォーム開き、項目を選択、ご意見・ご要望をお寄せください。
何時でも、何回でもお送り頂いて大丈夫です。
いただいたアイディアは、コンサートプロデューサー斎藤茂による「企画会議コラム」で公開していきます。


応募フォーム
※ SSLで通信します

TOP